パワーストーンヒーリング

エネルギー治療の限界

スピリチュアルな人は、病院を嫌う人が多いです。

私はもともとレイキヒーラーで、これからパワーストーンヒーラーとしての勉強も初めるつもりで、身体の不調は「エネルギーという面から改善する」ことが大切だと思っているのですが、去年、自分に起きた出来事で「時には外科的なアプローチも必要だな」と感じることがありました。

私が長年、放っておいた身体の不調の1つに子宮頚管ポリープがあります。子宮の出口にできるポリープで9割以上が良性のものです。

私がこのポリープに気づいたのは娘を妊娠中のことで11年も前のことです。当時の産婦人科医が言うには「そのままでも害はないし、どうせ出産の時にとれちゃうので気にしなくて良い」とのことでした。

でもポリープは残っていました。そして11年で25mmもの大きさになっていました。さすがに排尿時に違和感を感じるようになって、病院に行くことにしました。当然のことながら、摘出手術をしなければいけなくなりました。

ここでとても不思議な経験をしました。

ポリープの根本を切ってもらった瞬間、暖かいエネルギーがフワッと流れはじめるのを感じたのです。

これは第2チャクラと呼ばれるセイクラルチャクラのエネルギーだとすぐにわかりました。ちょうどおへその下あたりに位置するチャクラでオレンジ色をしています。

私はそこで初めてポリープによって自分のセイクラルチャクラのエネルギーの循環が阻害されていたことに気づきました。ポリープが切除されたことによって、エネルギーがきちんと流れるように改善されたのです。

セイクラルチャクラは「生み出す」エネルギーです。

諦めグセがついてやる気のなかった私がその日からチャレンジ精神あふれる自分へと変わっていきました。今、こうしてブログを書いているのも、もしかしたらこの手術のおかげかもしれません(笑)。

私は3年前にレイキヒーラーとなって以来、毎日欠かさずレイキのセルフヒーリングを続けてきました。

もしエネルギー治療でポリープを消そうとしていたら、時間も相当かかるし、至難の業だったでしょう。信じることはとても重要ですが「エネルギー治療にも限界がある」「過信しすぎてはいけない」ということを知っておいた方が良いのかもしれません。

私の外科的手術に要した時間はたったの15分、それで人生が激変しました。

これからヒーラーとしても活動していこうと考えている私に「上手に病院を活用することも大切だよ」と、神様が教えてくれた出来事だったのだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平飼い卵とスピリチュアル前のページ

サイキック感覚「クレア」とは何か次のページ

関連記事

  1. パワーストーンヒーリング

    ヒーリングと医療の連携

    ずっと受けたかったパワーストーンヒーラー講座がついにスタートしました。…

  2. パワーストーンヒーリング

    チャクラを整え病気を治す!ヒーリング

    病気を改善するアプローチとして、チャクラを整えてみませんか?チャク…

  3. パワーストーンヒーリング

    ヒーリングで人生アップグレード

    エネルギーヒーリングを継続的に受けることによって人生がアップグレードさ…

  4. パワーストーンヒーリング

    「子供の頃から苦手」は過去生から

    パワーストーンヒーリングは12セッションあり、先に進むほどの「カルマの…

  5. パワーストーンヒーリング

    「このチャクラだけに効く」は危険!

    世の中に良くあるヒーリングプログラムとして「サードアイを開きましょ…

  6. パワーストーンヒーリング

    私が早朝ヒーリングをする理由

    私は人の時間を奪う人が嫌いです。自分がされて嫌なことは人にしないが…

おすすめ記事

  1. 北海道 癒しグランプリに出展!
  2. 成功した未来側から見る視点
  3. 人生の目的や生きる意味
  4. チャクラを整え病気を治す!ヒーリング
  5. 光と愛に包まれる指導霊との交信
  6. TimeTicket はじめました!
  7. すべての人に共通する「魂の目的」
  8. 自分と繋がる瞑想のすすめ
  9. 私が出会ったミディアム(霊媒師)
  10. サイキック感覚「クレア」とは何か
  1. 周波数があがる思考法

    幸せな「成功の仕方」
  2. 周波数があがる思考法

    努力より夢中が勝る
  3. 周波数があがる思考法

    時には「先生を疑う」視点が大切
  4. その他

    歯とスピリチュアル
  5. 周波数があがる思考法

    人生の主人公は自分
PAGE TOP