周波数があがる思考法

「知識」は財産

「自分で調べて勉強する」
という習慣はとても大事です。

今は何でもインターネットで検索できます。
でも本と違い、情報を精査する必要があります。

「いつの情報か」「情報源はどこか」
という2つに注意しなければなりません。

検索で出てきた
「今、話題の」なんて書いてある情報が
5年前の記事だった場合、
まったく「今、話題」ではないわけです。

情報源も、
信頼できる組織・団体のものか確かめます。
個人が適当に思い込みで書いているような
ものは
要注意です。

その点、本はすでに情報が精査された読み物です。

でも出版年は確認しなければなりません。
特にIT関連の本は、去年出版されたものが、
もう古いという状態によくなります。

私の子供はプログラミングをするのですが、
今年出版された本の中で紹介されているのが
「前のバージョンのやつだ」と不満げでした。

執筆してから出版に至る数ヶ月という時間で、
バージョンが新しくなってしまう……
「風の時代」は、時間の流れが早いです。

そういえば、昔、旅行のガイドブックを
古本屋で買ったことがありました。

アホな買い物でした。

観光スポットに行く道のルートや
駐車場の場所も変わっていたし、
紹介されている飲食店で
残っているものは
ほとんどありませんでした。

その時代に
タイムスリップしたいのでなければ、

ガイドブックを古本屋で買うのは
やめた方がいいですね(笑)。

それでも、私は本を読むのが好きです。

出版年さえ意識していれば、
情報を疑う必要がないし、
体系的に整理・説明されているからです。

ライター時代、
取材時には、最低3冊(もしくは3作品)
その人の著作を読む(観る)のがマナーでした。

取材相手と
「3冊読めば最低限の話ができる」
「 10冊読めば対等に話ができる」

ライター時代の飲み友達はそう話していました。
彼は今や文学賞作家で、
新聞で書評まで書いています。

知識は財産です。
「求めよ さらば与えられん」
(新約聖書 マタイ伝)

良い情報に出会うために、
積極的に動いていきましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心配は失礼なエネルギー前のページ

バイアスを意識する次のページ

関連記事

  1. 周波数があがる思考法

    人それぞれ「学び」の違い

    私の通う高校は、田舎だったので、頭の良し悪しに関係なく、地元の人はほぼ…

  2. 周波数があがる思考法

    知床事故で感じる経営者の資質

    知床遊覧船の事故から今日でちょうど1ヶ月だそうです。新聞記事では運営会…

  3. 周波数があがる思考法

    憧れを抱く

    夏はひまわりの季節です。ひまわりの花言葉は「憧れ」「情熱」です…

  4. 周波数があがる思考法

    怒るべき時は怒る子育てを

    「子供は褒めて育てるべき」「怒ってはいけない」という社会的な風…

  5. 周波数があがる思考法

    店員への接し方で「人徳」がわかる

    自分に「人徳がない」と悩んでいる人に限って、いわゆる上下関係、「上」か…

  6. 周波数があがる思考法

    時には「先生を疑う」視点が大切

    「先生は正しいことを教えてくれる」と思い込んでいる人がいますが、これは…

おすすめ記事

  1. 北海道 癒しグランプリに出展!
  2. 成功した未来側から見る視点
  3. 人生の目的や生きる意味
  4. チャクラを整え病気を治す!ヒーリング
  5. 光と愛に包まれる指導霊との交信
  6. TimeTicket はじめました!
  7. すべての人に共通する「魂の目的」
  8. 自分と繋がる瞑想のすすめ
  9. 私が出会ったミディアム(霊媒師)
  10. サイキック感覚「クレア」とは何か
  1. 子育て

    よく泣く赤ちゃんは頭がいい?
  2. スピリチュアル雑学

    良いパワーストーンとの出会い方(2)
  3. 子育て

    子どものイヤイヤをおさめるコツ
  4. 周波数があがる思考法

    実家が最悪な人は魂レベルが高い
  5. 周波数があがる思考法

    「生活のためにしかたなく」そんな仕事は卒業しよう!
PAGE TOP